離れを自宅の敷地内に作るメリットは?

離れを自宅の敷地内に作る理由・用途

自宅の敷地内に離れを建てるメリット
自宅の敷地内に離れを作る一番のメリットは既に持っている土地なので土地代がかからない、という点が挙げられます。
また、自宅の敷地の土地活用として検討している方もいるでしょう。

敷地内に離れを作りたい理由は人それぞれですが、今回は生活環境も含めてご紹介します。

自分の両親が自宅に泊まりに来た時に寝泊まりするスペースの確保

結婚していて自宅には奥さん(旦那さん)がいる。
あるいは子どももいる。

そんな時に両親が寝泊まりするスペースがなかったり、あるいはスペースがあってもプライバシーが守られる空間がなかったりします。

その際、自宅の増改築をするという選択もありますが、両親が一時的に寝泊まりするだけのために数百万~数千万の費用をかけられるでしょうか。

増改築するとなると今の生活にも支障が出る可能性があります。

例えば、騒音であったり生活スペースの制限だったり。

離れをコンテナハウスで作る場合、騒音や生活スペースの制限がなく短納期で設置することができます。

友人や親戚が訪問してくれた時の応接室としての利用

友人や親せきが遊びに来た時の宿泊施設
こちらも両親が寝泊まりする時と同様です。

友人や親戚については、両親よりも気をつかう場面もあるでしょう。

自宅との距離感や広さなどもよく考えて作る必要があります。

子ども部屋としての利用

子ども部屋として離れを作る

近年多いのが子ども部屋の制作。
少子化が進んでいる影響で、以前に比べ一人の子どもにかけるお金は増しています。

独立した子ども部屋には、
「より勉強に集中できる環境を作ってあげたい」
「子どもでもプライバシーを尊重してあげたい」
そんな親御さんの気持ちが反映されているのだと思います。

両親の介護をすることになった場合の両親用の住宅

両親の介護

自分の親や義理の親を介護する場合、気になるのはやはりプライバシー空間。

多種多様な生き方が認められてきたからこそ、
親としても「子ども夫婦に気を遣わせたくない」「自分(たち)だけの空間が欲しい」といった要望は増えています。

ペットの家としての利用

ペット用の離れ

犬・猫の飼育数は若干減少しているものの、それゆえに1匹にかけるお金も増えている傾向にあります。

犬・猫共に「純血」が増え、「室内での飼育」が進んでいる
引用:一般社団法人 ペットフード協会

また、自宅の室内で猫や犬を飼うと毛が抜けたり床が汚れたりとトラブルの原因にもなるため、ペットの部屋は別室で用意したいというご要望もございます。

書斎(作業スペース)としての利用

書斎
自分の書斎や工作作業スペース、趣味の空間を持つことが夢!という人も少なくないでしょう。

「自宅は妻の要望を活かしたデザインや設計にしたけど、せめて自分だけの書斎スペースは自分の好きなもので構成したい」
というお声もいただきます。

物置としての利用


レンタルボックスを借りるよりも物置を自宅に設置した方がランニングコスト部分で言うとお得です。

そして自宅の敷地内に物置があるとすぐに物を出し入れしやすいです。

物置小屋としての利用は依然として根強い人気があります。

ガーデニング用品をしまっておいたり、車のタイヤをしまっておいたり、庭に置くとごちゃごちゃして見えてしまうものを整理整頓しておけるのが魅力です。

ライフラインは用途に合わせて確保


水道、電気などのライフラインは「離れを作ろう」と思った時に必要になることがほとんどです。

「書斎として離れが欲しい」
「少し作業するだけのスペースだからライフラインはなくても良い」

ということであれば、その分コストカットできます。

コンテナハウスで離れを作る、というご提案

コンテナハウス
コンテナハウスなら、離れを一からオーダーメイドで作るよりもコストを抑えて短納期で作成することができます。

しかも作成するのは別の場所なので、当日の引き渡し時にご自宅にいていただき納品完了の手続きを行っていただきます。

気になる騒音もなくスマートな納品を行えます。

お問い合わせ

一言で「離れが欲しい」といっても、
さまざまな生活環境があり、人それぞれ必要なものが異なります。

現在の状況やご要望を反映した「離れ」のご提案が可能です。

無料お問い合わせ
自宅の敷地内に離れを作ろうかご検討中なら、まずはアーネストワンへご相談ください。
お客様の現在の状態に合わせてご提案させていただきます。