2020年の東京オリンピックの宿泊施設不足問題!コンテナハウスで問題解決!



2020年の東京オリンピックの宿泊施設不足問題!コンテナハウスで問題解決!?

2020年の東京オリンピック
昨今、日本の文化に注目が集まっていることもあり、訪日外国人の増加が著しいです。

2017年には2869万人が訪れていますが、その数はなんと2011年度の約4倍になっています。

政府にとって観光は重要な政策であり、東京オリンピックのある2020年までに4000万人を目標としています。

ホテル不足・宿泊施設不足の問題

そこで以前から不安視されているのが、ホテル不足・宿泊施設不足の問題です。

2020年には東京オリンピックが開催されますが、その際に外国人を含め1000万人もの観光客が押し寄せるとされています。

そのため政府は都市部を中心にホテル建設を進めていますが、依然としてホテル不足が叫ばれています。

2020年の東京オリンピックでは東京で4.4万室不足するというデータも出ています。

ホテル不足は観光客の取りこぼしにつながる

外国人観光客

ホテル不足が起こることで懸念される問題として、観光客の取りこぼしや観光ルートの変更等です。

東京オリンピック会場の近くでホテルをとって当日余裕を持って会場に向かいたいと考える方は多いのではないでしょうか。
東京周辺のホテルや宿泊施設を含めるとホテル不足は解消できるとするデータもありますが、やはりできるだけ近いホテルをとりたいと思うものです。
海外からの観光客ともなれば長旅での疲れもありますし尚更といえます。

政府が予測していたルートで宿泊・観光してもらうことでより観光地に観光費用をかけてくれる可能性が高まります。

ホテル不足解消のための対策

外国人観光客

そこで観光客の取りこぼしを防ぐためにレジャーホテル(ラブホテル)を一般の宿泊施設に変更したり、豪華客船での宿泊を検討したりといった政府の動きがある中で、一般の方も民泊として宿泊業に参入する動きもあります。

政府の後押しもあって以前に比べて外国人観光客が激増している今、東京オリンピックが開催される2020年だけではなく、その前後もビジネスチャンスがあると不動産投資家たちは睨んでいるようです。

コンテナハウスで宿泊施設を用意する

コンテナハウスで宿泊施設を用意する
ホテル不足のためにビジネスチャンスがあるとはいえ、いきなり宿泊業初心者が建物を一から宿泊施設用に建てて運営もするとなるとハードルが高く感じる方も多いでしょう。

そこで宿泊施設をコンテナハウスで作る事で初期投資を抑え、リスクを最小化することができます。

コンテナハウスで宿泊施設を作るメリット

初期投資費用が手頃

まず第一に、初期投資の費用が安いことが挙げられます。
アンダーで300万円代~作る事が可能です。
コンテナハウスなら個人の投資家でも手の届く範囲といえます。

納期が短い

ご契約日より約45日~60日で納品です。
納期が短いということは、初期投資費用の回収までの日数が短いということです。
納品後集客してすぐに運用が始められます。

副業としても始められる

不動産投資なので、副業としても始められます。
リーマンショック後に、セブンポケッツという言葉ができましたが、この起源はアメリカで生まれた造語だそうです。
その意味は、簡単に言うと、7つの収入源を持ちましょうという事です。
人生では死ぬまでに7回大きなミスをすると言われています。それなら安定して収入が得られるものを7つ持っていれば安心、というのがセブンポケットの概念です。
その副収入の1つとして不動産投資をあげられます。

他の運用施設に転用可能

2020年の東京オリンピックに向けてさまざまな取り組みが進んでいます。
そのためホテル・宿泊施設が増え、供給過多になる可能性も無きにしも非ずなのですが、その際にも宿泊施設としてではなく貸店舗や貸オフィスとして転用することもできます。

また、東京オリンピックが終わってからも東京で宿泊施設として引き続き運用することもできますし、東京以外の土地、例えば田舎にコンテナハウスごと運んで『お試し移住用住居』として運用することも可能です。

テレビでも取り上げられるほど大注目のコンテナハウス

このように、コンテナハウスは宿泊施設だけでなくさまざまな目的で運用することが可能なうえ、コンテナハウスごと移動することもできるので東京以外の土地へ運んで運用できるメリットがあります。
先日も『教えてもらう前と後。その時ニッポンが動いた』という番組で「コンテナホテル」として大きく取り上げられていました。

コンテナハウスで作るコンテナホテル
コンテナハウスで作るコンテナホテル

出典:教えてもらう前と後。その時ニッポンが動いた

テレビやネットでも徐々に注目が集まっているコンテナハウス。
コンテナハウスで宿泊施設運営をお考えなら、まずはお問い合わせください。