コンテナハウスで土地活用!余った土地を副収入に!



土地活用の方法と選択の仕方

土地活用
土地活用は大きく分けて「賃貸」「自己活用」「共同活用」に分けられます。
その他の選択肢として「売却」も挙げられますが、今回は自分で土地を有効利用できる「自己活用」はどのようなものかをご説明いたします。

土地活用で「自己活用」したい!土地活用のメリット・デメリットは?

土地の自己活用のメリットは、多くの資金や人手を必要とせず比較的容易に始められることです。

それぞれの土地活用(自己活用)で、メリット・デメリットはあります。
しかし大切なのは立地とその目的です。

コンテナハウスで作る宿泊施設経営(ホテル経営)

コンテナハウス
今回ご提案するのはコンテナハウスで作る宿泊施設(ホテル)です。
コンテナハウスなら二階にしたり横に繋げたりして広げることも可能です。
立地やターゲット層に合わせてコンテナハウスをカスタマイズしてご利用頂けます。

ワンルームマンションと変わらない投資金額で宿泊施設の経営を始めることも可能です。

宿泊施設の大きさや造りによっては初期投資額は大きいですが、長期的に収入を得られて節税対策になります。
2020年の宿泊施設不足問題もあり、コンテナハウスを利用した宿泊施設経営が注目されています。

土地面積が小さいのであれば「小規模宅地の評価減」という制度もあります。
この規定は主に自宅を相続した場合に、一定要件を満たすと評価額を最大で80%も減額できるというものですが、事業用や貸し付け用の不動産についても適用があります。
相続対策として有効な手段です。

コンテナハウスとは言っても不動産なので、当然、相続対策になります。
コンテナハウスのシェアハウスは初期投資費用が格安に抑えられて、目新しいので話題性は抜群です。

海外ではコンテナハウスを組み合わせて、自宅をおしゃれにカスタマイズする人も増えています。

コンテナボックス(収納スペース)経営/トランクルーム経営の特徴

コンテナボックス・トランクルーム
自宅や事務所に入りきらない荷物を気軽に預けられるのがコンテナボックス(収納スペース)です。

コンテナボックス(収納スペース)経営は、減価償却ができるという点が最大のメリットです。
節税対策としても注目が集まっています。

海上運送用の丈夫なコンテナを利用した大型収納スペースなら安心感を持って利用してもらえます。
周辺状況に合わせてコンテナのサイズを下記の3つのサイズから選択することができます。

あえてサイズの異なるコンテナにするのも手ですね。

収納スペースには車等で荷物を運びこむことも想定して、荷物の出し入れがスムーズにできるようコンテナ間の通路は広めにとっておくのがおすすめです。

ただし、収納スペースとしてコンテナハウスを利用する場合、住居用地とはなりません。
そのため固定資産税の評価減などのメリットは全くなくなりますので注意しておきたいですね。

コンテナハウスで作る高齢者住宅経営の特徴

高齢者住宅
超高齢社会となった今、そしてこれからは高齢者住宅の需要が高く空き室リスクも少ない。
そして地域社会に貢献できるというメリットがあります。
ただし、介護士の確保が難しい場合もあるので注意が必要です。
コンテナハウスを利用して施設を作れば初期費用を抑えることができて節税対策にもなります。

管理室がコンテナハウスの駐車場経営の特徴

駐車場経営
少ない初期投資で比較的簡単に始められます。狭い土地の有効活用にもおすすめです。
駐車場にするなら敷地内に管理室を設置することで、不審者の侵入や無賃駐車などを防ぐことができます。

相続対策としては節税効果を得られないので、相続対策としてお考えの方は他の土地活用がおすすめです。

コンテナハウスで作るレンタル事務所の特徴

レンタル事務所
これは立地にも寄りますが、事務所や作業スペースとしてレンタルする方法もあります。
住居を目的としないのでお風呂周りの設備投資をしなくて済むので初期投資費用を抑えることが可能です。

コンテナハウスを利用した事務所であれば初期投資費用も安価で運用しやすいのが特徴です。
減価償却費として計上して節税対策としても有効です。

まとめ

土地活用
土地の条件や自己資金により活用方法はさまざまです。

コンテナハウスで土地活用をお考えなら、まずは資金計画も含めてアーネストワンへお問い合わせください。