キャンプ場のトイレが汚いとお客さんが激減!?トイレをきれいに保ちたい理由

キャンプ場のトイレが汚いとお客さんが激減!?トイレを切れに保ちたい理由

バンガロー
キャンプ場の集客は季節性のこともあってなかなか苦労されている方も多いのではないでしょうか。

キャンプ場の運営者はより多くのお客様に来てもらうためにさまざまな努力や苦労をされているはずです。

しかし以外にもトイレは盲点だったというキャンプ場運営者の方も多いので、今回はキャンプ場のトイレの重要性について考えてみました。

「キャンプ場のトイレ」について書いている記事数は約16,500,000件

キャンプ場のトイレについて書かれている記事
キャンプ場のトイレはきれいなのか、近くにあるのか、男女別なのか・・・。
そういった情報を事前に知りたいと思っている人が多いのか「キャンプ場のトイレ」について書いている記事数は約16,500,000件以上にものぼっています。(2019年4月現在)

女性や子どもを連れてキャンプに行きたいという方であれば尚更事前に知りたいと思うはずですよね。
では実際に「キャンプ場のトイレ」に関する記事はどのくらいあるのか見てみましょう。

実際にGoogleの検索画面で「キャンプ場のトイレ」というキーワードで検索すると、表示される記事数はなんと約16,500,000件もありました。

想像以上の数ではないでしょうか。

そして、この検索キーワードだけでなく、予測キーワードも見てみましょう。

「キャンプ場 トイレ」と検索すると、下記の予測キーワードが出てきます。

トイレのきれいさと有無が出てきます。

更に、その検索キーワードで出てくるサイトの数がこちら。

それぞれ結構出てきますね。

月間検索キーワード数は?

そして月間にどのくらいの検索数があるのかを調べてみると、こんな感じでした。

トイレだけでなく、シャワーがあるかどうかも気になる人がいることがわかりますね。

キャンプ場運営者の対策

キャンプ場の運営者の対策

ということで(前置きが長くなりましたが)、運営者の対策としては、まずはトイレやシャワー設備を整える。そしてそれをアピールすることで集客につながると考えます。

ではどんなトイレならきれいだと思ってもらえるのでしょうか。

工事現場によくある仮設トイレ(特に和式トイレ)は敬遠する人も多く、洋式トイレが広く一般的に広まってきています。

洋式トイレが広まってきている理由としては、衛生面や事故防止などが挙げられます。

「キャンプは自然を楽しむものだからトイレも虫がいたり多少汚くても当然」といった固定観念を排除して、誰もが過ごしやすい環境づくりを心掛けることが大切です。

衛生管理を考慮したトイレなら「パブリックトイレユニットクレイドルキャビン」

「パブリックトイレユニットクレイドルキャビン」とはコンテナ型のトイレのことです。
サイズは12ft(3,658mm×2,438mm)、20ft(6,058mm×2,438mm)を準備、室内をさまざまなトイレ空間に自由に製作が可能です。
渋滞問題や、衛生問題、使い勝手の問題などを考慮した従来の仮設トイレとは一線を画す新しいトイレです。

さまざまなメリットがある「パブリックトイレユニット」のご提案

パブリックトイレユニットの5つのメリットはこちら。

メリット①設置・移動が簡単

「降ろして」「乗せるだけ」。使い方も自由。トレーラーに乗せたままでの利用も可能です。

メリット②いわゆる「仮設トイレ」と違い、落ち着ける

「臭い」「汚い」から「清潔」と「くつろぎ」と与える空間になっています。

メリット③掃除が簡単

汚れが付きにくく掃除が簡単な材料を選ぶことで清掃コストの削減が可能です。

メリット④ユニバーサルデザインにも対応

「誰でも使える」をコンセプトにさまざまなトイレにカスタマイズ可能です。

メリット⑤さまざまな用途で使用できる

災害時に限らず、各種イベント等でアイデア次第でさまざま用途に使えます。

キャンプ場のトイレに対するイメージ

「キャンプ場のトイレは汚い」という印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

そのイメージを払拭するような衛生的でみんなが使いやすいトイレを検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

無料お問い合わせ
キャンプ場のトイレの相談なら、まずはアーネストワンへお問い合わせください。