コンテナハウスをレンタルし、アトリエとして使用するメリットとは?



趣味や仕事場として利用できる自分だけのアトリエ

趣味や仕事で利用できる自分専用のアトリエが欲しいと思ったことはありませんか?
自分だけのアトリエを持つことで、作品の制作作業に集中できる空間を確保できるだけでなく、アトリエを利用してイベントや展示会を行うこともできます。
今回はコンテナハウスをレンタルし、アトリエとして利用するメリットについてご紹介します。

画家や陶芸家が利用するアトリエとは?


アトリエとは一般的に画家や写真家などの仕事場であり、画室や工房のことを指します。
仕事場としてだけでなく、様々なイベントや展示会を行う際にも利用されています。
多くのアトリエは賃貸物件を利用していることが多く、シェアアトリエやマンション改装型のアトリエなど様々な形態があります。

コンテナハウスをレンタルし、アトリエとして利用するメリット

デザインにこだわった自由な改装ができる


アトリエの利用を検討している画家や陶芸家などのクリエイターの方の中にはアトリエを自分の好きなように改装してこだわりのある空間にしたいという方も多いのではないでしょうか。
コンテナハウスをアトリエとして利用することによって、内装を自分好みにカスタマイズすることができます。
コンテナハウスは上下の四隅の柱以外は自由にレイアウトを組めますので、天井から床までの大きな窓を取り入れたり、展示会用に入口のウッドデッキは広くしたりなど自由でオシャレなデザインが実現できます。
好きなものをとことん取り入れたオリジナリティ溢れる空間にしたり、自分の作業しやすいレイアウトにすることも可能です。

増改築がしやすいので自宅の敷地内にアトリエを作ることができる

コンテナハウスは増改築がしやすいという特徴があります。
敷地内に独立したコンテナハウスを増築する場合、設置できる環境が整っていれば最短即日での増築も可能です。
一軒家の敷地内に独立したアトリエが欲しいといった場合にも対応が可能です。

費用を抑えることができる


コンテナハウスをアトリエとして利用する際にレンタルで利用すると初期費用を抑えることができます。
コンテナハウスは一般的な住宅を建てるより低コストで設置する事が可能ですが、購入するとなるとそれなりの初期費用がかかります。(アトリエとして購入する場合は150万円(税別))
購入する際の予算が足りないといった場合でもレンタルの場合は月額12.5万円から利用(1年間のレンタルの場合)ができるので、コンテナハウスを購入するよりも初期費用を抑えた利用が可能です。

いつでも自由に利用できる


コンテナハウスをレンタルし、アトリエとして利用することで自由度の高い使い方をすることも可能です。
普段は仕事場として利用し、イベントや展示会を行う時には会場として利用することができます。
また、海外に長期旅行に出かける際には倉庫代わりとしての利用も可能です。
アトリエとして使用しなくなった場合には、別の用途の部屋として改装を行ったり、決められた期間だけの利用が可能です。
コンテナハウスのレンタルアトリエであれば、このように自由度の高い使い方も可能です。

コンテナハウスをアトリエとして利用し、自分だけの空間を作り上げていきませんか

コンテナハウスをアトリエとして利用するメリットについてご紹介しました。
クレイドルキャビンのコンテナハウスのレンタルは購入するのには予算が足りない、購入前にレンタルで試してみたい、といった方におすすめです。
一度コンテナハウスのレンタルを検討してみませんか?

アトリエとしての利用概要

こんな人におすすめです。
・趣味専用のスペースがほしいが、増築より費用を抑えたい
・どの時間帯でも明るい室内にしたい
・展示会を開きたいので入口のウッドデッキは広くしたい

レンタル価格(月額)

コンテナハウス

12.5万円(税別)


トレーラーハウス

18.3万円(税別)

仕様

サイズ 外寸:幅3,658mm×奥行き2,438mm×高さ2,591mm 内寸:幅3,586mm×奥行き2,317mm×高さ2,366mm
設備 不要
内装 ビニールクロス(天井、壁)、フローリング(床)
照明 LED照明(電池式)
その他 24時間換気システム
ライフライン 電気(蓄電池)※蓄電池は充電が必要です。

クレイドルキャビンのコンテナハウスをレンタルしてみませんか?

ここで挙げた使用例の他にも様々な利用用途があります。
無料で制作事例集をダウンロードすることができます。
ご参考ください。