自宅の敷地内に離れを作る費用は?

離れを作る費用は?

自宅の敷地内に離れを建てる費用
前回離れを作るメリットをそれぞれの家庭の事情ごとにご紹介しました。
離れを作るメリットは?

今回は実際に離れを作るとなったらどのくらい費用がかかるのかをご説明します。

離れとは?

離れとは

離れは自宅の敷地内に建てる家のことです。

離れというと、メインの住宅のおまけのような意味合いで考えている方もいますが、もう一軒家を建てるようなものなのです。

しかもライフラインを整えた状態での作成が多いです。

そのため制作費用の他にライフラインの工事費用もかかるので費用はそれなりにします。

離れを作る理由

しかし、メインの住宅があってサブ的な要素が強い離れにそこまで費用をかけるのでしょうか。

そういったご要望が多かったりします。

離れをコンテナハウスで作るメリット

1 低コスト

コンテナハウスは低コスト一般的な住宅を建てるより低コストで設置する事が可能です。工場で組みあがったものを現場に搬入して施工するので、最短で1日で設置完了する場合もあります。
プレハブと比較されることがありますが、プレハブは厚みの薄い軽量鉄骨が使用されており、耐久性、断熱性能、防音性能の面ではコンテナハウスの重量鉄骨がはるかに勝ります。

2 天候に左右されない施工と納期

天候に左右されない施工と納期コンテナハウスは建設現場での作業は組み立てがメインで、内装などは工場で仕上げてからの設置となります。そのため時期によっては雨が続き現場が動けない住宅とは違い、天候に左右されない納期を実現できます。またこのことが低コストにもつながっています。
また、現地での設置完了までの時期は朝からの作業でしたら1日で完了します。

3 移設可能

コンテナハウスで離れを建てる
トレーラーハウスほど簡単ではありませんが、コンテナごとの輸送が可能な点は一般住宅にはないメリットです。期間を区切った設置、移動が可能でとなり、フレキシブルで合理的な建造物になります。

4 増改築がしやすい

増改築がしやすいコンテナハウスはライフステージによって増改築がしやすい点が特徴です。
敷地内に独立したコンテナハウスを増築する場合、設置できる環境が整っていれば最短即日での増築も可能です。
コンテナサイズが同じであれば接地面の結合をすればすぐに住むことができます。
逆に子供が独立したので不要なコンテナを売却する事も可能です。

5 自由レイアウトが可能

基礎フレーム以外は自由レイアウトが可能上下の四隅の柱以外は自由にレイアウトを組めますので、天井から床までの大きな窓を取り入れたり、お好きな位置にドアを設置する事が可能です。
自由でオシャレなデザインが実現できます。

離れをトレーラーハウスで作るメリット

コンテナハウス同様、納品までの期間が非常に短いです。

またトレーラーハウスは自動車の扱いなので固定資産税がかからず、税金対策としても有効な手段です。
※自動車税がかかります。

ライフラインについて


場所によって費用は異なりますが、まずは現地調査を行い、その場所でライフラインが整うかどうかを判断します。

ご相談ください。

水道や電気などのライフラインが必要なければ45日~60日程度で納品可能です。

コンテナハウスで離れを作る場合の費用

費用は500万程度~受付けることができます。
※複雑なオリジナルデザインの場合は工事工数、費用は異なります。

お問い合わせ

一言で「離れが欲しい」といっても、
さまざまな生活環境があり、人それぞれ必要なものが異なります。

現在の状況やご要望を反映した「離れ」のご提案が可能です。

無料お問い合わせ
自宅の敷地内に離れを作ろうかご検討中なら、まずはアーネストワンへご相談ください。
お客様の現在の状態に合わせてご提案させていただきます。