【カフェを開業したい方必見!】おしゃれなコンテナハウスはインスタ映え!インスタスポットに最適なコンテナハウス



カフェを開業するには?

まずはカフェのコンセプトを決めましょう。

自分の好きなこと、やりたいことをテーマにして他のカフェにはない魅力を打ち出しましょう。

例えば、自分が絵が好きなら月替わりで絵画を飾ったり、音楽が好きなら古いレコードをかけたりギターを飾ったり、
食器が好きなら他店では扱わないような骨とう品の食器を使ってお料理やドリンクを提供したり。

コーヒーの豆をこだわる、内装をこだわる、そういったテーマでもいいですね。

自店のカフェの強みはありますか?

他のカフェとの違い、自店のカフェの強みを言えますか?

自店の強みを言えることは競合他店よりも集客する上で重要な要素となります。

お店を存続させるために

カフェの開業は資格を取得したり、物件を探したり、オープニングスタッフを雇ったり、時間と費用と労力がかかります。

しかし、カフェを開業するのは労力のいることですが、それよりも大変なのがカフェを何年も存続させるということ。

1年間で閉店してしまうカフェはなんと半数。

その理由は開店準備不足です。

カフェコンセプトが甘かったり、看板メニューがなかったり、立地が悪かったりといった理由が挙げられます。

1年後はもちろん、2年先、3年先、10年先…カフェを存続させるためにコンセプトや外装内装を含め、開店準備はしっかりと行いましょう。

おしゃれなコンテナハウスはカフェの集客もできる

今回お勧めしたいのが、おしゃれなコンテナハウスを使った集客方法。

コンテナハウスとは


最近徐々に広まってきた「コンテナハウス」。

何となく耳にしたことはあるけどどういうものかはよく知らない、という方も多いのではないでしょうか。

コンテナハウスとは、船舶や鉄道などでの物資の輸送に使われるコンテナを用いて作られる建物のことを言います。

鋼鉄から作られていることから、しっかりとした強度・耐久性を持っています。

また、コンテナ自体がモジュール化されているため、複数のコンテナを積み重ねたり並べたりすることが可能で、大きさや形などそれぞれの規模や目的に合わせた建物づくりをすることもできます。

すでに壁や屋根が出来上がっているため、工期の短縮も可能になり、重量鉄鋼としては基本的にローコストで建てることができる建築物といえます。

コンテナハウスで集客するメリット

コンテナハウス(ランチ)

夢のカフェ開業が格安で実現可能

一般的な住宅を建てるより低コストで設置する事が可能です。

工場で組みあがったものを現場に搬入して施工するので、最短で1日で設置完了する場合もあります。

プレハブと比較されることがありますが、プレハブは厚みの薄い軽量鉄骨が使用されており、耐久性、断熱性能、防音性能の面ではコンテナハウスの重量鉄骨がはるかに勝ります。

費用をかけずに宣伝できる

コンテナハウスはおしゃれでコンセプトに合わせた見た目にしやすいことからカフェやバーとしての商業利用もしやすい形状です。

コンテナハウスは外観が独特でおしゃれなのでインスタなどのSNSに投稿されやすいです。

インスタグラムやTicToc、TwitterといったSNSに投稿されると瞬く間に拡散されていくことがあります。

カフェ側としては、広告費などの費用をかけずにお店を宣伝できるのはありがたいですよね。

インスタ映えするカフェは検索される

カフェを探す際に最近はインスタを使うという人も若者を中心に増えています。

インスタ映えするカフェの外観だったり独創的な見た目の飲み物だったり、『インスタ映えする』と一言で言ってもその内容はさまざまです。

例えば下記のような内容で話題を集めています。

コンテナハウスなら外装を魅力的なオリジナルのものにできますし、フォトスポットも作りやすいです。
フォトスポットにはインスタグラムにアップする用の小物を置いておくと話題性があり拡散・検索されやすくなります。

コンテナハウスなら小さく始めて大きく育てることができる

開業時は一番小さな12ftサイズのコンテナハウスを格安で購入し、カフェで売り上げが上がってきたら大きいサイズのコンテナハウスを購入して横に並べたり、積み重ねることができるので2階建てにして1階部分は販売スペースで2階部分はイートインスペースとして使い分けることができます。

コンテナハウスを並べてそのうちの1つを貸し出すのもいいですね。

引っ越しする際も楽で費用を抑えられる

コンテナハウスの陸送
看板メニューもコンセプトも考えて、いざカフェを開業してみたら立地が悪すぎてお客さんが来なかったら元も子もなくなります。

カフェのコンセプトとどうしても合わない地域性や客層だったりと、カフェを開業してから気づくことは意外と多いものです。

そんなリスクにも対応できるのがコンテナハウスの魅力の一つです。

また、家部分は全て揃っているものをそのまま運ぶため部材代もかかりません。
(修理が必要な箇所や再利用できない部材は新調したり修繕する必要があります)

これらは数百万~一千万以上の価格帯なので、解体してもう一度新築する場合に比べれば、コンテナハウスの分解、運送、組立て費を考えてもかなり格安で済みます。

まとめ

コンテナハウス(ディナー)
このように、カフェを開業する際にコンテナハウスで建てればさまざまなメリットがあります。

コンテナハウスでおしゃれなカフェを開業しませんか?